芸大・美大受験 芸術高校受験 くずはアートスクール

●卓上デッサンの進め方●

卓上デッサン(4時間)の進め方と段階ごとのポイントをまとめました。

★どの段階でも、定期的に絵を離れて見ましょう。

々酸機Ψ舛鮗茲(〜15分)

モチーフを配置し、大まかに形を取ります。モチーフがちゃんと卓上に乗っているように見えるか確認するため、影も描いています。

★画用紙の全体にモチーフを描きましょう。(余白が多いと寂しい印象になります)
★絵の中で、モチーフ同士の大きさの比率が正しいか確認しましょう。

デザインの進め方1-1

▲織奪繊Ε函璽(〜40分)

モチーフの形状・色味に合わせてタッチとトーンをつけていきます。この時、特に黒い部分などは思い切って濃いめに描き、光っている白い部分は紙の地を残すために残しています。

★立体感を出すように、面に沿ったタッチを入れましょう。(表面をなでる感覚で)
★暗い部分は思い切って黒くする。白い部分はできるだけ残しておく。(塗りつぶさない)

デザインの進め方1-2

L度を上げる(〜1.5時間)

タッチを入れる方向や鉛筆の硬さを変えながら、さらに線をつめていきましょう。

★硬い物やツルツルしたものは線と線の間隔を狭くする・やわらかい物は線と線の間を広くすると質感が出やすいです。

デザインの進め方1-3

参考資料一覧へ 次へ進む→