芸大・美大受験 芸術高校受験 くずはアートスクール

デッサンの基本!グレースケール

グレースケールって、なに?

グレースケールとは、白から黒までの灰色の調子(段階)のことです。
白黒写真などを見ると、白や黒以外にも薄いグレーや濃いグレーがありますよね。その色たちを濃さによって段階に分けたものが右の図のようなグレースケール表になります。
(右図では分かりやすく白から黒までを10段階にしていますが、それぞれの段階の間にも無数に調子が存在しています)

グレースケールって大切!なぜ?

初めてデッサンを行う人や私立美大の入学前課題などでは、よく紙に鉛筆で右のようなグレースケール表を再現する課題が出されます。
というのも、デッサンはモチーフの微妙な色や陰影を白から黒の諧調で描くため、より多くの色幅を表現することが必要だからなのです。
例えば、0〜5までの調子でしか描けないと暗い色のモチーフが出ると困ってしまいますし、反対に6〜10までの調子のみでは全ての物が暗すぎる色になってしまいます。なので、デッサンでは0〜10までの全ての調子を適材適所に使って描いていくことが求められます。
デッサンの表現力を鍛えるために、実際にグレースケール表を作ってみましょう!

参考資料一覧へ 次へ進む→