日本画として区別されるようになったのは明治頃だと言われており、天然絵具による色彩や抽象的な描写が特徴とされています。通販による画材のお求めや絵画教室のご参加ならぜひ弊社をご利用ください。

画材販売アートセンターハヤカワ 実店舗くずは本店
画材店アートセンターハヤカワ実店舗ビル
営業案内
年中無休(盆・正月・GW除く)
平日9:30〜19:30
日祝日10:00〜19:00
TEL:072-855-0745

アートセンターハヤカワ実店舗セール情報
印鑑・ハンコ・名刺・ゴム印作成サービス アートセンターハヤカワ
大判カラーコピー出力サービス アートセンターハヤカワ
表装・裏打ち・掛軸サービス アートセンターハヤカワ
額縁・額装サービス 水彩画・油彩画・日本画・書画・ポスター・賞状・免状 アートセンターハヤカワ
外商・納品・卸売サービス アートセンターハヤカワ 

アートセンターハヤカワ モバイル通販


QRコード

アートセンターハヤカワ ビッダーズモバイル アート銀座屋

ビッダーズ会員で ポイントをお持ちの方は こちらでもお買い物 できます。
QRコード
最近クリックされました商品
 

日本画の成立と定義の難しさについて

 

日本画は、日本独自の技術や画材により描かれた作品としてイメージされる方もいらっしゃるかと思います。では、日本画とは具体的にどのような定義があり、どのように成立されてきたのでしょうか。こちらでは日本画に関する知識をご紹介いたします。

日本画の成立について

日本画の成立について

風神雷神図屏風、鳥獣人物戯画、唐獅子図屏風など、日本画には数々の傑作が絵師や画家たちの手によって生み出されてきました。そしてそれらは時代を超えて多くの人々に愛されてきたのです。

しかし日本画という名称が使われるようになったのは明治以降であり、西洋から伝えられてきた油彩画と区別するために使われるようになったと言われています。それまでは日本画という概念は存在せず、狩野派、円山・四条派・やまと絵などと各流派の名で呼ばれ、分かれていました。

しかし西洋から油絵の技術が伝わり、明治15年頃、日本の絵画に興味を抱いたアーネスト・フェノロサが「日本画」と「油絵」を対比し、日本画が優れていると説いたことがきっかけとなり、日本画という名称が使われるようになりました。

ですが、日本画の定義は未だに区別が難しく、日本人が描く絵画を日本画とする考え方や使用する素材で区別するなど様々な意見が存在します。日本画は、西洋画による影響を受けることで、伝統的な技法や表現方法が時代と共に変化してきました。そのため、日本画の定義や区別が未だに難しいと言われているのです。

今日では主に、岩絵具や膠(にかわ)、墨や和紙などの日本画材を用いた場合や、影を描かない、厚塗りをしないなどの描画方法で描いた作品を日本画と指すことが多いようです。

大矢眞弓 日本画教室
http://art-hayakawa.com/html/html/page36.html
 

日本画の色彩による特徴や魅力

日本画の色彩による特徴

日本画の魅力のひとつは、絵具の美しさです。
日本画には天然絵具である岩絵具という画材が用いられています。

岩絵具は原料となる鉱石を砕き砂状にしたもので、鉱石の色の美しさがそのまま絵になるのです。代表的なものを挙げれば、岩緑青という美しい緑色の岩絵具があります。これは孔雀石といわれる原石を粉にして作られており、膠(にかわ)という接着剤で練り合わせています。

画面に塗れば、深みのある綺麗な緑を表現できます。最近では原料の不足や環境配慮のため、資源として限りがある天然岩絵具よりも、人工的に作ることのできる新岩絵具が使われることが多いのですが、それでもプロはとっておきの作品などには天然岩絵具を用いています。

和紙や膠などの日本画古来の画材も、日本画において重要な要素です。和紙と言っても日本画では多くの種類の和紙を用います。

絵手紙や水墨画に用いられる画仙紙、作品の裏打ちに使われる鳥の子紙、楮紙、模写などに用いられる薄美濃紙、そして岩絵具を用いる際に使われる雲肌麻紙など、挙げていけばキリがありません。和紙は日本の長い歴史のなかで子々孫々と受け継がれてきた職人たちの知恵と技術の結晶であり、日本画になくてはならないものです。西洋の洋紙に比べ、柔軟かつ強靭性に優れ、また色のにじみや描きやすさも、和紙の種類によって異なります。

また、膠も日本画においてはとても重要です。
というのも、膠は岩絵具を紙に定着させるための接着剤であるため使い方が悪ければ作品に亀裂が入ったり、絵具が落剥したりしてしまう危険性があるのです。膠は、動物の皮革や骨髄から採られる強力な糊で、コラーゲンという蛋白質の一種です。膠をさらに精製するとゼラチンになります。三千本膠、鹿膠、粒膠などの種類があり、それぞれ定着度の良さや柔軟性も異なり、プロは作品や自分の制作に合ったものを使います。

三千本膠は日本画で一番オーソドックスな棒状の膠で、描画用として使う他、ドーサ液という和紙のにじみ止めをするための液体を作る際にも用いられます。鹿膠は1僂離汽ぅ灰躱の膠で、三千本膠よりも接着性が高く、透明感があります。もとは鹿から作っていたのですが原料の不足により、今は牛を使って作られており、名称だけが残っています。

粒膠は粒状の膠で、三千本・鹿膠よりも接着力が強く、その分柔軟性がやや弱いため、水分調節が必要ですが、安価で水に溶けやすいのが特徴です。これらの和膠は水で戻し、更にお湯を加え熱する必要があります。また戻したものは生ものであるため早めに使わなければなりません。しかし最近では、水に戻す必要が無く防腐剤が入って腐りにくい瓶に入った膠液も売られており、より一層使いやすくなりました。日本画は日本の厳しい風土のなかでもしっかりと形を保ち、今日まで伝わっています。これからもさらに優れた作品が後世に残っていくでしょう。それはこのような自然素材による材料や、それをきちんと扱った画家たちによるおかげともいえます。日本画を見る際にこういった視点で作品を鑑賞すると、歴史を感じ趣と風情があるかもしれませんね。

また日本古来の毛筆によって描かれた日本画は、一筆書きによる大胆さと、抽象的な美しさを表現しています。
線の強弱、ぼかし、かすれ、などが筆によって表情豊かに描かれており、これらも作者の技量と彩色筆、面相筆、付立筆、絵刷毛など種類豊富な筆から生み出されているのです。日本画による抽象的な美も日本画の特徴と言えるでしょう。

吉祥 画用 膠液
http://www.art-hayakawa.com/shopdetail/006000000008/006/O/page1/order/
鹿膠 妻屋膠研究所
http://www.art-hayakawa.com/shopdetail/006000000015/006/O/page1/order/
吉祥 日本画 水干絵具
http://www.art-hayakawa.com/shopdetail/000000000924/006/O/page1/order/
 

通販で画材の購入をお考えなら

通販により画材の購入をお考えならぜひ弊社をご利用ください。
弊社では通販だけではなく実店舗による画材の販売も行っております。絵画教室も行っておりますので日本画、水彩画、油彩画などにご興味がある方はぜひご参加ください。通販または実店舗にて様々な画材を取り扱っておりますので、水墨画や漫画などに使用する画材道具をお探しの方もお気軽にご相談ください。

画材の通販なら【アートセンターハヤカワ】 / 大阪 概要

サイト名 アートセンターハヤカワ
所在地 〒573-1118 大阪府枚方市楠葉並木2丁目28-18 K1ビル
電話番号 072-855-0745
FAX 072-855-0820
メールアドレス info@art-hayakawa.com
URL http://www.art-hayakawa.com
業務内容 画材・文具などの販売、絵画教室の運営
説明 大阪の画材屋【アートセンターハヤカワ】の通販サイトです。油彩画に使用する油絵具や、水彩画に使用する水彩色鉛筆・アクリル絵具、コピックなどのコミック用品まで、画材のことならお任せください。ギフトにおすすめの画材セットや、額縁、書道具も取り扱っております。京都芸大などの受験対策には、現役講師が指導する絵画教室を開講しておりますので、まずは無料体験にお越しください。
会社名 株式会社アートセンターハヤカワ
日本
都道府県 大阪府
市区町村 枚方市

芸・美大受験、芸術系高校受験実技指導 くずはアートスクール合格率抜群 ハヤカワ絵画教室 水彩・油彩・日本画・マンガ・絵手紙・児童絵画教室 人気話題の創作人形も開講中]
芸大美大受験くずはアートスクール            絵画教室・人形教室も無料体験受付中
新規受講生募集中!無料体験授業随時受付中!        すばらしい先生方です。
芸大を目指す高校生、芸術系高校目指す中学生         絵画教室では優しい初心者教室も開講致しました。

       迷ったらまずは見学・体験ください。 夢への第1歩を
       プロフェッショナルな一流講師による本物の指導を体感ください。