芸大・美大受験 くずはアートスクール

コース案内

新規受講生募集中です。
1・2年生は今からスタート!
今のうちに基礎をじっくり学ぶことにより3年生で焦らず
取り組めるよう指導致します。
3年生は勝負の年です。共に頑張りましょう。
入試日までを逆算してしっかり合格カリキュラムを組み指導致します。

大学でのオープンキャンパスも各校で開催されます。1・2年生も参加ください。
AO入試対策・公募推薦入試対策・入試直前対策講座も実施致します。

昨今の入試方法は、同じ大学、同じ専攻であっても様々な入試方法があります。
くずはアートスクールでは、個人の希望に沿った受験カリキュラムを作成し
、取り組んでいきます。
また複数の講師を配することで、個人塾にはない多様性と、人数制限を設けることによって
生徒1人1人に十分な指導を行っていきます。

当スクールでは現在、受験生のスケジュール・レベル・志望校別によって3つのコースに分かれています。

受験コース
(受験生対象)
週3回 本年度に受験する高校3年生及び難関芸大を目指す1・2年生対象の週三回授業のコースです。
基礎力のデッサンを磨ながら、着彩・色彩構成など志望校入試別に指導。
入試の頻出にあわせて過去問題を中心に実践的な技術向上をはかります。
また受験直前の対策や苦手分野の克服、AOや推薦で学校が決まっている方は他の専攻を体験することで視野を広げ、発想力や応用力、実際に大学に入ってから個人制作に繋がる技術力と勉強方法を学びます。
<コース>
ゝ都市立芸大コース
∋簑臠術/デザイン/マンガ系コース
6軌藺隋Φ都工芸繊維大コース


参考作品 芸大・美大受験 くずはアートスクール
参考作品 芸大・美大受験 くずはアートスクール
参考作品 芸大・美大受験 くずはアートスクール
高校生
基礎コース
週2回
週1回
芸・美大進学を決めている高校1・2 年生のコースです。
基本のデッサンを初歩から応用まで丁寧に指導します。
また進路先の選択肢を増やすべく、着彩・色彩構成など専攻にとらわれず課題を制作して応用力を磨きます。
面談による志望校のアドバイスをしつつ進路先や志望校を決定し、受験に向けて作品作りや入試対策を行っていきます。
<コース>
〇簑臠術、デザイン、マンガ系コース
教育大・京都工芸繊維大
   ・滋賀県立大コース

参考作品 芸大・美大受験 くずはアートスクール
美術系高校
受験コース
週2回
週1回
面談による志望校のアドバイスをしつつ進路先や志望校を決定し、受験に向けて作品作りや入試対策を行っていきます。
参考作品 芸大・美大受験 くずはアートスクール
中学生
基礎コース
週2回
週1回
芸術系高校進学を目指す中学生対象の週2回授業のコースです。
基本のデッサンを初歩から応用まで丁寧に指導します。
また進路先の選択肢を増やすべく、着彩・色彩構成など専攻にとらわれず課題を制作して応用力を磨きます。
参考作品 芸大・美大受験 くずはアートスクール
芸大・美大
入学準備
コース
週3回
週2回
週1回
AO入試・推薦入試などで合格した方のための専門コースです。
志望校に合格したものの、知識や実力に不安がある方、レベルアップを図りたい
方対象です。
カリキュラムは完全個別対応、個人指導です。
大学から出題される入学前学習プログラムの課題とともに、大学入学までに必要な経験と実力、知識を学び、制作を行います。

コースによって料金は異なります。
詳しくはこちらからお問い合わせください。

カリキュラム案内

カリキュラム内容です。カリキュラムの種類は志望校、専攻科目によって個人別に異なります。
従来の芸美大受験対策は、志望する専攻科目のみを集中的に制作することが多く、最近の芸大・美大の
細分化された学科設置増設に伴い、さらに専門的なことしか学ばなくなる傾向にあります。
しかしそれでは実技における基礎が学べず、視野が狭くなったり、限られたことしかできなくなります。
くずはアートスクールでは専攻の課題に進む前に、全員が実技における基礎をすべて学びます。
それによって基礎力が身に付き、広い視野と実力を持つことができます。
動物園でのスケッチ くずはアートスクール

描写(デッサン) 全受講生 描写は多くの学校の実技試験科目であり、すべての造形の出発点でもあります。観察力と表現力を高めるために、専攻やレベルに応じて目標を設定した課題制作をいたします。
基本の構図、形、固有色、質感・空間を意識しながら画力向上を目指します。
着彩 全受講生 描写同様、着彩においても観察力・表現力を高めるために課題制作を行います。材質の違うモチーフを、材質に合わせて透明水彩で色彩豊かに表現する技術を学びます。
色彩構成 全受講生 色彩表現で完成を十分に発揮するには理論的な理解と実践での技術が大切です。
色彩の性質、画材の特性が学べるような入門的課題から実際の試験形態にならった課題で色彩表現を理解できるよう指導致します。
また色彩学の講義も設け、知識と実技、両方の観点から色彩構成が学べるよう指導していきます。
立体構成 全受講生 3次元の被写体を2次元に再構成する描写とは違い、3次元のものを同じ3次元で構成するための技術、イメージから立体を起こす発想力、分析力を養います。
様々な素材を活かしながら加工する方法を学び、立体独自の構成力を身につけます。
キャラクター・
マンガ作成
個人別 キャラクターコンテンツの学科を志望する受講生専用のカリキュラムです。
キャラクター、ストーリー、マンガの描き方など、それぞれの分野によって講義と実技で技術向上を目指します。
講義ではどうすれば魅力的なストーリーやキャラクターを描けるようになるのかを具体的に学び、
実技ではデッサンやクロッキーも取り入れ基礎作りをし、どんなキャラククターや背景でも描けるように指導していきます。

参考作品 芸大・美大受験 くずはアートスクール

※その他AO入試・推薦入試対策講習や合評会、実技テストや特別カリキュラムが入ります。

年間カリキュラム

動物園でのスケッチ くずはアートスクール 2012年度、くずはアートスクールの年間カリキュラムの概要を
お伝えします。
(入試日程、志望校等でカリキュラムが変更になる場合があり
ます。)
【4・5月】
 デッサンの基礎、個別の専攻についての基礎を勉強し、受験
に必要な基礎を覚えてもらいます。また道具や画材に多く触れ
ることによって作品制作や道具に慣れていただきます。
 5月には野外授業や美術館鑑賞等の特別カリキュラムを行い
美術に対する独自の考え方や知識を養ってもらいます。
【6・7・8月】
 7月下旬から始まるAO入試に対応したカリキュラムを集中的
に行い作品に対する考え方やそれを表現するコミニュケーショ
ン能力を養います。実技に関しましても基礎的な課題やモチー
フをこなしながら、画力向上を図ります。
 7月下旬から開講の夏期集中講習ではまとまった時間を利用し
、密度の濃い実技制作に励んでもらいます。
夏は飛躍する絶好の機会ですので基礎をしっかり固めつつ、
変則的な応用問題をこなしてゆき着実に実力を
伸ばしていきます。また夏期集中講習の総括として、終盤には、個人別の夏期実技模試を行います。
【9・10・11月】 
 10月下旬から始まる推薦入試に備え、出題される問題と同じ構成(モティーフ・制作時間・条件)で実践
的な課題に取り組んでいき、試験本番に負けない制作態勢を整えます。普遍的な問題から、ごく稀に出題さ
れる特殊な問題にも対応できるように、幅広い描写力・表現力・思考力を鍛えます。
 10月には推薦入試対策用の模試・くずはアートスクール実技テストを行います。
【12・1・2・3月】
 1月下旬から始まる一般入試に向けて、また2月から始まる芸術系高校受験に対応した課題に取り組みます。
これまで様々な学習で学んだ力を総括し、入試本番で確実に点数を取るための調節を行うのがこの時期です。
本番と同じ態勢で、試験内容や形式に慣れ、自分の力を得点に結び付けられるよう指導を行います。1月には
冬期集中講習や最終的な実力を図る冬期実力模試、入試直前講習を行います。
年間カリキュラムはこちら